養成講座を経て日本語教師になる

日本語教師になるためには、必要な課程や資格を取る事が必要になってくるんですね。
その中でも、特に最近で選ばれやすい手段の一つであるのが養成講座を修了する、というやり方です。
どのような物なのか、どんなメリットがあるのか紹介します。

■日本語教師になるための養成講座

特に、日本語教師としての教育機関で求められる課程が日本語の知識、そして日本語の教え方の基礎的な技能という事です。
これを学ぶ事が出来るカリキュラムが、日本語教師養成講座なのですが日本語教師としての応募条件に設定されていることが多いんですね。
合計で420時間の講座を受講する事で資格を得る事が出来るのですが、実際に日本語教師として必要な技能も学ぶ事が出来るので即戦力になることが出来る事が大きいですね。
検定試験の内容もカバーする事が出来るなどのメリットがあります。

■養成講座を受けて日本語教師になろう

この集団は、日本語教師としての実践知識などを学ぶことが出来るだけではなく実際に日本語教師をしている講師からの経験に基づくアドバイスなども聞く事が出来ます。
他にも、給付金制度などがあったりするんですね。
そして、何より一番大きなメリットは就職のサポートを受ける事が出来る、というところですね。
日本語教師というのは特に最近では需要も供給も高まっており就職先を見つけるのが難しいです。

■養成講座の就職斡旋について

やはり、就職サポートを受ける事が出来るというのは日本語教師になるためにはとても重要な要素です。
特に、昨今では日本語教師の数も増えてきているので就職先を見つけるのが試験などをクリアしても就職先が見つからなかったりするので、サポートはとても大事です。

関連する記事