日本語教育能力検定試験をパスして日本語教師になるには

日本語教師になるための手段の中でも、特に時間がかからないし金銭的に負担がかからない方法と言えば日本語教育能力検定試験をパスしてしまう事ですね。
間口はとても広く誰にでもチャンスがあるという方法なんです。

■日本語教育能力検定から教師に

日本語教師、というのは通常の教職とは違って仕事として日本語教師になるためには資格も違う物になっているんですね。
特に、日本語を正しく教育するための日本語の知識がまず第一に必要になってきます。
なので、資格の試験についても日本語の知識をしっかりと身に着けているかどうか、ということを見られるんですね。
国内外での教育機関での評価されるのがこの日本語教育能力検定試験合格者なんですね。
国内外でも通用する資格なので、日本語教師としての職場の見つけ方や選択肢の幅が広くなるという利点があります。

■日本語教育能力検定から日本語教師になる詳細

この教育能力検定から日本語教師になるのは、一番大きなメリットが受験資格という物が無いことですね。
この試験は、基本的に検定料を持って試験日に試験を受けてパスをするだけで日本語教師の資格を取得する事が出来るんです。
事前に、何かをしなければ試験を受けることが出来ないなどの条件がありませんので、間口が広いんですね。
しかも、試験対策も通信講座で出来るなど受験そのものは手軽なんです。

■どのような点に気をつけるか

メリットも多いですが、その分試験は難しく殆どの人が試験をパスすることが出来ない程の高い倍率という難関なので、独自の試験対策をしっかりしなくてはいけないんですね。
更に、試験の実施は一年に一回しかないのでチャンスが少なく一度失敗すると来年まで待たなくてはいけないというネックがあるんですね。

関連する記事