国内での日本語教師採用条件

日本語教師、というのは仕事につくためにはまず日本語教師としての募集要項を満たしている人出ないとなることが出来ないんですね。
具体的に、日本語教師になるためにはどんな条件が必要なのかということについてを解説していきます。

■日本国内での日本語教師に求められる条件

国内での日本語教師の採用条件については、まず基本的には日本語教師としての資格条件を満たしている事ですね。
具体的には、養成講座の規定時間の受講と修了、検定試験の合格、大学での専攻課程の修了のどれかを満たしていればいいんですね。
ただ、これらはどれか一つを満たしていればいいのですが日本語教師を採用する機関などによっては、求める条件がこの中のうちの一つに限定していたりすることもありますので、どこで働くのかということも求人も合わせて資格を取る場所を選びたいですね。

■実際の日本語教師における求人条件

日本語教師になる、ということ自体は資格は先程の3つの条件のうち一つを満たしていればいいのですが、実際の求人で見るとやはりいちばんは検定合格者の数が多いですね。
検定合格というのは狭き門であるのと同時に、厳しい条件ですからね。
そして、その次に多いのが養成講座の修了資格ですね。
逆に、大学卒業という条件はそれ程多くはないのが現状となっているんです。

■他に必要な知識について

基本的に、こういった資格を持っていればそれだけでいいということが多く経験者であったり、年齢や学歴と言ったような事まで採用条件にしているところはそれ程多くはないんですね。
中には、PCスキルなどを求める事もあるのですがそれもそこまで多いわけではなく、条件自体は一律に近いくらいのものになっています。

関連する記事